双極性障害の症状や対処方法を知っておきましょう

双極性障害という病気があります

症状を知ろう

双極性障害とは

心の病として最も代表的なのは、うつ病と言われる気分が落ち込んでしまう病気です。うつ病になってしまうと気力がなくなって何もできなくなってしまうため、仕事などにも支障が出てきてしまうのです。このうつ病と似たような症状を持つ病気に、双極性障害と言われる病気があります。双極性障害になるとうつ病と同じような気分が落ち込んでしまう症状の他にも、興奮状態に陥って、元気になりすぎてしまうという症状も現れます。うつ病と違ってとても元気な時期があるので症状は軽めだと思う人も多いですが、実際には心の病であることを自覚できないまま過ごしている人が多いため、深刻化しやすいという問題も抱えています。そのため、双極性障害だと思われる症状が出てきた場合には、なるべく早めに病院で診察を受けるようにした方が良いでしょう。

双極性障害の特徴

双極性障害の症状が起こる際の特徴として、気分が落ち込んでしまう時期と元気な時期が交互に来るという点があげられます。そのため、精神的な振り幅が大きく、定期的に元気な時期と気分が落ち込んでいる時期を繰り返している場合には、病院での診察が必要になるでしょう。病院で診断を受けることが出来れば、双極性障害であるかどうかを確認できるとともに、もし双極性障害であった場合には治療方法まで一緒に考えてくれます。双極性障害は一人で症状を改善することが難しいため、双極性障害の可能性がある場合には気軽に医師と相談してみるといいでしょう。

双極性障害の症状と治療について。

私が現在患っています双極性障害についてお話します。まず双極性障害の症状の一番の特徴は、気分の浮き沈みが激しいことです。私は何かに直面した時に急に気分が落ち込んでしまい、何もする気が起きなくなってしまうことがあります。そしてひどい時はふさぎ込んでしまい家に引きこもってしまうこともあります。この気分の落ち込みというのは他に人にはなかなか理解してもらえないほど、苦しくて辛いものがあります。そしてしばらく気分の落ち込みが続いたかと思ったら、急に普通に戻って生活していることもあります。そして元気よく趣味や運動などを行っている時もあります。正直このような時は気分的は落ち着いていて良いのですが、またしばらくするとガクッと気分の落ち込みがあります。

治療方法などについて。

このように私は気分の浮き沈みが大変激しい双極性障害の症状に毎日悩まされています。私はこの気分の浮き沈みが激しい双極性障害の症状の治療に、心療内科の病院で薬の処方とカウンセリングを行っています。薬は精神安定剤と抗鬱剤と睡眠導入剤の三種類の薬が処方されています。睡眠導入剤以外は朝昼晩飲むようになっています。薬を飲みますと少し気分は安定しますが、薬独特の副作用は常にあります。特に感じます副作用は口の渇きです。水を飲んでも常に口の渇きは感じてしまい、ガムを噛んだりして対処しています。またカウンセリングでは思い悩んでいることを吐き出したり、気分の浮き沈みの症状の原因を考えたり、偏った考え方の指導を受けています。以上が私の双極性障害の治療についてでした。

Posts

1

周りの理解を得る

うつ病と似たような症状のある双極性障害は、症状が出ている間は仕事を円滑に行なうことも難しくなってしまいます。そのため、治療を始めたら周りに双極性障害であることを打ち明け、みんなの理解を得られるようになりましょう。

もっと知りたい

2

考え方を変える

双極性障害の症状を少しでも緩和するためには、自分の考え方を変えて心に負担がかからないようにすることも重要です。医師にアドバイスをもらい、どのように双極性障害と向きあえばいいか考えてみましょう。

もっと知りたい

3

病院で薬をもらう

双極性障害を治療するためには、ストレスが少ない環境を作るだけでなく、薬を服用することで症状を抑えることも重要です。病院に行って診断を受ければもらうことが出来るため、医師に薬をもらえるか聞いてみましょう。

もっと知りたい

4

病院を探そう

双極性障害の症状を効率良く治療するためには、双極性障害を専門的に治療している病院を選ぶことが重要です。ホームページは病院の情報がたくさん確認できるため、ホームページを確認した家で病院を選びましょう。

もっと知りたい

5

通院も必要になる

双極性障害の症状が現れている間は、通院して治療を受けることが必要になります。地元で双極性障害の治療を行なっている病院を探すために、インターネットを利用してみましょう。

もっと知りたい

TOP